現在位置:会社概要 > 自治体様向け 災害協定

ここから本文です

自治体様向け 災害協定

Yahoo! JAPANの災害協定とは?

災害時の被害の状況は、各地域によってまったく違うことがあります。この協定は、各自治体と当社で連携して、インターネットの特性を活用し、きめ細かでタイムリーな災害情報を住民の方にお伝えすることを目指していくためのものです。
自治体から発せられる避難勧告・避難指示や、自治体によって指定される避難所情報、その他さまざまな災害に関する情報に、住民の方がいつでもどこでもアクセスできるよう、Yahoo! JAPANにて集約・整理して提供するとともに、災害時に自治体の運営するウェブサイトがアクセスの集中により閲覧しづらい状況になることを防止することを目的としています。なお、この協定の締結に関して費用はかかりません。

  1. ポイント1 避難情報を掲載

    災害発生時の避難情報の掲載防災無線や広報車、地元メディアなどから発信されている避難勧告や指示など避難に関する情報をヤフーへ掲載することによって広く広報することを目指します。避難に関する情報は生命の危機におよぶことも考えられますので、 複数のチャネルによって冗長化をはかり、より多くの方々に周知することを期待します。
    避難情報は公共情報コモンズ連携、レスキューナウ連携の二つです。 また、避難情報が通知される情報の流れもご覧ください。

  2. ポイント2 キャッシュサイトによる負担軽減

    災害発生時のキャッシュサイトによる負荷軽減キャッシュサイトとはアクセスの集中によりウェブサイトを閲覧しづらい状況が発生したとき、アクセスの負荷軽減などを目的として提供される別のウェブサイトのことです。オリジナルサイトの情報が更新されると、キャッシュサイトでも情報が反映されます。震災後、多くの公共機関のウェブサイトがアクセスしづらい状況が発生しました。事前にご了承いただくことによって災害発生時のキャッシュサイトの公開による負荷軽減を実現します。

  3. ポイント3 避難所マップをご用意

    Yahoo!ロコを活用した避難所マップ避難所情報をYahoo! Open Local Platform(略称:YOLP)にアップロードすることで、Yahoo! JAPANで避難所情報を見られるようになります。
    避難所の名称、住所などといった基本情報と緯度経度情報をYOLPにアップロードすることで、Yahoo!ロコYahoo!地図で避難所を探すことができ、対象の地域に住んでいる方や職場がある方に、普段からどこに避難所があるかを知ってもらえるなど防災意識を高める効果が期待できます。

  4. ポイント4 災害情報ブログを活用

    ヤフーの提供するブログサービスを活用した自治体災害情報ヤフーの提供するブログサービスで自治体災害情報ブログを開設いただき、情報を掲載することにより、普段から地域の災害に関する情報を発信することができます。また災害発生時に情報を得る手段の1つとしていただくことを目指せます。
    ブログはパソコンだけでなくケータイやスマートフォンからも更新することが可能です。

さらなる情報発信へ

災害がおきると多くの情報が飛び交います。自治体が発信する信頼できる情報(被害情報、ライフライン情報、必要物資情報、ボランティア受け入れ情報、安否情報、避難勧告、避難指示等)をより広範囲に伝えることが、迅速な避難行動や適切な支援体制に繋がります。そのような信頼できる情報をYahoo! JAPANに掲載し、発信する仕組みなどについても検討していきます。

災害時のご協力のお願い

避難所名簿フォーマットをご活用ください

東日本大震災では、安否を心配されるご家族等からの問い合わせが被災自治体に殺到し、多くの自治体職員の皆さまがその対応に追われたと聞いています。
また、被災自治体が各自のサイトで避難所名簿を公開しましたが、名簿のフォーマットがそれぞれ異なっており、情報を整理することが困難であったため、インターネットの検索技術を十分活用できず、被災者の安否確認が難しい状況でした。
そこで、Yahoo! JAPANおよび各検索事業者が協力して避難所名簿フォーマットを作成しました。
この避難所名簿フォーマットを災害時にご利用いただくことで、各自治体のサイトで公開する避難所名簿をインターネットで検索することができ、被災者の安否確認がスムーズに行えます。
災害時は、ぜひこの避難所名簿フォーマットをご利用ください。

お問い合わせはこちら
本文はここまでです このページの先頭へ