プライバシーポリシー改定のお知らせ

2014年6月2日付で「Yahoo! JAPAN利用規約 第2章 プライバシーポリシー」を改定しました。
以下に、改定の概要と、それぞれの趣旨を説明いたします。

  1. (1)カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社との情報連携開始に伴う改定
    Yahoo! JAPANでは、ポイントプログラムに関して提携中のカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)との間で、それぞれが保有する利用者に関する履歴情報および特性情報の一部を相互に提供し、より深くお客様のことを理解してサービスの魅力を高める取り組みを開始します。当該取り組みに対応する改定として、Tポイント利用手続きをされたお客様について、当該利用手続きのなされたIDに関するCCCが保有する商品購入履歴、キャンペーンやサービスの利用履歴、顧客分析情報の提供を受け、また、CCCに対してYahoo! JAPANが保有する利用者のウェブページ等の閲覧履歴、キャンペーンへの参加情報、顧客分析情報を提供する旨を新たに規定しました。
    なお、この新しい規定の適用を受けるのは、Yahoo! JAPANにおいてTポイント利用手続きをされたお客様に限定されます。また、情報連携をご希望でないお客様のために、オプトアウト(情報提供の停止)の仕組みを用意しています。
  2. (2)「HealthData Labo」の開始に伴う改定
    Yahoo! JAPANでは、病気予防のためのエビデンス(根拠)情報の収集、獲得、創出のためのプロジェクト「HealthData Labo(ヘルスデータラボ)」を開始します。これに伴って取り扱うこととなるお客様の情報について、新たに規定を設けました。
    なお、この新しい規定の適用を受けるのは、「HealthData Labo」所定の条件に従ってお申し込みをされたお客様に限定されます。
  3. (3)外部研究機関等との共同研究におけるデータ取り扱いへの対応に伴う改定
    Yahoo! JAPANでは、お客様に提供するサービスの充実や改善、新しいサービスの開発のみならず、インターネット環境の改善なども目的として、外部の研究機関と共同研究を行います。当該共同研究において、未加工の履歴情報および特性情報も素材として取り扱うことで、より研究の質を向上させられるように、研究機関への情報提供について規定を追加しました。
  4. (4)官公庁に対して行う任意の情報提供への対応に伴う改定
    Yahoo! JAPANのサービスのご利用に際して、法令に違反された疑いのあるお客様について、官公庁から直接お客様に対して通知を行いたいという要請を受けることがあります。そのような要請を受けた際に、お客様の連絡先を開示することが適切であるとYahoo! JAPANが判断した場合に官公庁に対してお客様の連絡先を開示することができるように、規定を追加しました。

以上

▲このページのトップへ