最新バージョンへのアップデートが必要な理由は?

2014年8月7日(米国時間)、マイクロソフト社は、ブラウザー「Internet Explorer」のサポートポリシーを変更しました。

2016年1月12日(米国時間)以降は、最新バージョンのInterenet Explorer以外は、マイクロソフト社のサポートを受けられなくなります。パソコンのOS(オペレーティングシステム)ごとに、サポート対象となる最新バージョンは異なります。
※サポート対象となる、OSごとの最新バージョンについては、ブラウザーのアップデート方法をご確認ください。
最新バージョンのInternet Explorerを使用することで、Yahoo! JAPANをはじめ、インターネットサービスを安全かつ便利に使うことができます。あなたのパソコンを危険にさらさないために、最新バージョンへのアップデートを、強くお勧めします。

旧バージョンのInternet Explorerを使い続けると危険です

  1. ウイルスに感染しやすくなります。

  2. マイクロソフト社のサポート(無料または有料)を受けられなくなります。

  3. 悪意のある他者からの攻撃を受け、データが消えたり、盗まれたりする危険性が高まります。

ご利用中のOS、ブラウザーのバージョン確認方法

現在ご利用中のInternet Explorerが、最新版かどうかを確認しましょう。
OSごとに、サポート対象となる最新バージョンが異なります。

OSのバージョンを確認するには

  1. 1.[Windows]キー([Ctrl]キーと[Alt]キーの間にあるキー)を押しながら、[R]キーを押します。
    または、[スタート]メニューから[ファイル名を指定して実行]をタップまたはクリックします。

  2. 2.winverと入力し[OK]をタップまたはクリックします。

  3. 3.表示されたダイアログボックスを確認します。

Internet Explorerのバージョンを確認するには

  1. 1.Internet Explorerの画面右上にある[ツール]ボタン(またはメニューバーの[ヘルプ])をタップまたはクリックします。

  2. 2.[バージョン情報]をタップまたはクリックします。

ブラウザーのアップデート方法

Internet Explorerが最新バージョンでなかった場合は、以下を参考にアップデートしましょう。

※アップデートすることで、ご利用中のソフトウエアに不具合が起きることがあります。
詳しくはご利用中のソフトウエアの推奨環境をご確認ください。

ご利用中のOS ブラウザーの最新バージョン
Windows XP このOSは、マイクロソフト社のサポートが終了しています。
Windows Vista Service Pack 2(SP2) Internet Explorer 9
Windows 7 Service Pack 1(SP1)
Windows 8.1
Internet Explorer 11
Windows 8 対応するブラウザーはありません。
Windows 8.1へ、アップデートが必要です。
(2015年9月現在)

アップデートご協力のお願い

パソコンをプレゼントしたり、設定を手伝ったりしたことはありませんか?
その方たちにもウイルス感染の危険性をお伝えいただき、OSやブラウザーのバージョンの確認およびアップデートのご支援をお願いします。